I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 20日

レンズの外科医(山崎光学写真レンズ研究所)

少し前の話ですが…。
日本橋で購入したELMAR-C 90mm F4(ERNST LEITZ/GERANY製)並品は、筐体は、とても程度が良かったのですが、レンズに曇りとブツブツが全体に出ていて写りも今一。わかっていて購入したが、たかだか数万円のレンズをオーバーホールにだしてもなぁ…。と思ったが、ダメもとで新宿の山崎光学写真レンズ研究所に伺ってみることにした。
ライカ系のオールドレンズ愛好家の間では、非常 に有名な工房。
早速、山崎さんに診てもらうと「結構曇ってますが、綺麗になりますよ」との事で、オーバーホールをお願いする事にした。
b0312075_21371810.jpg
b0312075_21372808.jpg
3-4週間後に山崎さんから電話を頂き、「出来上がっています」との連絡が有り、早速、取りに伺うことに。
山崎さんも結構、お年をとられていて、息子さん?とお二人で作業をされていました。
興味深い機材がたくさん有ったので、山崎さんの許可をもらって作業場の写真を撮らせて頂きました。
下の写真が、研磨したレンズにコーテイングを定着させるための真空機との事。
同じ機材が2台有って、長年使われているとても古い機材だそうです。
b0312075_21373834.jpg
b0312075_21375052.jpg
レンズの外科医と言っても過言ではない山崎さんの手に掛るとこんなにも綺麗になります。
b0312075_21380672.jpg
b0312075_21381521.jpg
修理後の撮影した1枚。ELMAR-C 90mm F4
b0312075_23581792.jpg
修理日数は、3-4週間掛りまましたが、オーバーホールのお値段も良心的な金額で、人柄も良く、とても頼りになる研究所でした。
近々、最近購入したオールドレンズも診てもらう予定です。


[PR]

by surfking921 | 2014-01-20 21:57 | Lens | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://leicam240.exblog.jp/tb/21883021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Summicron-C 40m...      Leica CL 1973年製 >>