I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 04日

MACRO-ELMARIT-R 60mm F2.8

マクロエルマリートR60mmF2.8は、ライカフレックスSL時代の1972年に発売され、以来今日まで同じレンズ構成で作り続けられたライカの名レンズ。

以前にも書いたがそのRレンズが、Leica M Type240)でRアダプターMを使って使用が可能。

b0312075_23214277.jpg

そのマクロエルマリートR60mmF2.8だが、第12バージョンが存在する。

1st VersionType Ⅰ):レンズ設計は、56枚構成のガウスタイプ。はじめはSL用として発売されたため、カムは最初は2カムであったが、その後、ライカR3の時代になり3カムとなっている。レンズの仕様はレンズ長が無限大で63mm、最大鏡胴径63.7mm。重さは540gとオール金属製であるため、かなり重いレンズではあるが、オール金属製のレンズとしては納得のいくものである。フードは「12514」、フィルターはシリーズⅧを使用。

*マクロ撮影では、レンズ単体で27cmまで近接撮影ができ、別売の近接撮影用の中間リング「1462L」を付けると11まで撮影ができる。

2nd VersionType Ⅱ):鏡胴のデザインが若干変更された事とレンズ長が62.3mmと旧バージョンより短くなった。重量も400gと軽量になっている。

2nd Ver.もレンズ構成を56枚とし、性能向上が図られている。レンズ長は62.3mm、最大径67.5mm。フィルターはE55となり、シリーズ・フィルターから変更している。

といった仕様になっており、以前2nd Ver.を購入したが無限が出ておらず返品した事が有る。同じ2nd Ver.が、銀座L社にも委託販売品として出ていた物を見せてもらった事が有るが、この個体も無限が出ていなかった。設計変更を受けているシリーズなので、欠陥が出やすいのかもしれない?

b0312075_23471243.jpg
b0312075_23460376.jpg

これに懲り、一番本数が多い2Verを購入して使っていたが、それよりも年代が新しい物がオークションに出品されていたので購入。

使っていたレンズが右側で3065XXX (1980年製)、新たに購入したレンズが左側3423XXX1987年製)となるが、「LENS MADE IN GERMANY」の表記が1980年製の鏡胴には、彫り文字の上から白塗料をさしてあるが、1987年製は、白塗料さしは無く、フィルターサイズのE55の彫り文字が追加され白塗料さしとなっていた。赤囲みの上にある2つのマイナスネジもよく見ると大きさや収まり方に違いが有るのがわかる。以前購入した2nd Ver.には、E55の記載がシリアルナンバーの並びにされていた記憶があるが、ライカ製品なので、この様な違いは他でも多く有り、レンズ自体に影響なければ「どうでもいい事」なのかもしれないが…。

でも気になる。







[PR]

by surfking921 | 2014-11-04 23:36 | Lens | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://leicam240.exblog.jp/tb/23687468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< GITZO G1077M (ボ...      M7 ビゾフレックスIII型+... >>