I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 30日

和歌山城

和歌山城は、天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりで、その築城を担当したのが、
築城の名人藤堂高虎(とうどうたかとら)。
まず、秀長の城代として桑山重晴(くわやましげはる)が入り、慶長5年(1600)には、関ヶ原の戦いで功をたてた
浅野幸長(あさのよしなが)が入城。 
そして、元和5年(1619)には徳川家康の第10男・頼宣(よりのぶ)が入城し、紀州555千石の城となり、
以来、水戸・尾張と並び、徳川御三家のひとつとして、長い歴史を刻んできた城です。

b0312075_21572341.jpg
b0312075_21575791.jpg
b0312075_21585719.jpg
b0312075_21592950.jpg
b0312075_22000225.jpg

手まりをモチーフにした照明


[PR]

by surfking921 | 2017-11-30 17:45 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://leicam240.exblog.jp/tb/27795656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 茶室「紅松庵」      和歌山 ポルトヨーロッパ >>