I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 26日

Rolleiflex MiniDigi

ローライフレックスは、1928年に西ドイツのフランケ&ハイデック社が発売した二眼レフの元祖と言える製品でオリジナル(Rolleiflex Original 1928年試作、1929年発売)は、最初の二眼レフカメラにしてその基本的な形を完成したカメラ。

b0312075_23030711.jpg
b0312075_23025890.jpg
ミニデジはローライフレックスの黄金時代ともいうべき'60年代に発売されていたローライフレックス2.8Fをスケールダウンして造られたモデル。

比べる物が、無いととても大きいカメラを想像しますが、実は、ものすごく小さいロースペックデジタルカメラなんです。

b0312075_23032873.jpg

正面から見るとレンズが2つ並んでいるが、上のレンズはダミー。

気になるスペックですが、

大きさ:73mm(縦)×49mm(幅)×45mm(厚み)。

イメージセンサー:200万画素(CMOSを採用)

*解像度はH(1,760×1,760ピクセル 画像補完)N(1,200×1,200ピクセル)L(600×600ピクセル)3段階。

レンズ:9mm F2.85枚構成
外部記憶媒体:MMCSD
バッテリー:CR2(リチウム電池)

内蔵メモリ容量:32MB

巻き上げクランクやピント合わせノブのデザインなどもリアルに再現されていて、シャッターボタンの位置はまったく同じで、オリジナルでシンクロ接点がある位置は、撮影モードと再生モードを切り替えるスイッチになっている。

更にデジカメなのにローライフレックス2.8Fのように巻き上げクランクを時計回りに1回転させることでチャージさせ、シャッターを切るといた、ローライならではのこだわりのギミックも凝っていてる。(涙)

カメラの使い方は、折り畳み式のピントフードを開くとLCDパネルが現れるので、上から覗き込みながら巻き上げクランクを一回転させて、シャッターボタンを押すといったシンプルな撮影方法となる。

LCDパネルは0.9型と小さく、見づらい。


b0312075_23031808.jpg

ミニデジはローライフレックスと同じ正方形の画像が撮影できる。デジカメとしては、とても珍しいフォーマット。慣れないと構図の決定が難しいが、この点もローライフレックスと共通した楽しみと言えるだろう。

<Rolleiflex MiniDigiで撮った写真>

b0312075_23034628.jpg
b0312075_23035305.jpg
縦方向に若干、歪みが出る傾向が有るが、トイカメラとして見れば性能は、そこそこな感じです。
ちなみにミニデジは、Made in Germanyでなく、made in Japan
[PR]

by surfking921 | 2014-02-26 23:37 | Rolleiflex | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 16日

墨田散歩(Leica M+Elmarit 135mm/f2.8)

撮影:Leica M Type240+ Elmarit 135mm/f2.8 2nd model / LEITZ CANADA

晴天に恵まれた日曜日。
友人
2人と両国駅で待ち合わせをして、

両国駅旧安田庭園東京都復興記念館津軽稲荷神社大横川親水公園錦糸町駅のコースをお昼をとりながら、ブラブラと街撮りに行ってきました。

朝、慌てていたのでElmarit 135mm以外のレンズをバッグに詰め忘れてしまい、苦労しながら写真を撮る羽目になってしまいました。(涙)


b0312075_21503782.jpg
b0312075_21505149.jpg
    池の水は、ここ数日間の寒さの影響で表面に薄氷が張ってました。

b0312075_21510546.jpg
こんなところに空き缶を置く人がいるんですね。
b0312075_22413146.jpg
横網町公園内(東京都慰霊堂)
b0312075_21512340.jpg
b0312075_21513607.jpg
東京都復興記念館入口
b0312075_21514649.jpg
b0312075_21515420.jpg
b0312075_22020768.jpg
b0312075_21521412.jpg
b0312075_21524594.jpg
                津軽稲荷神社
b0312075_22193011.jpg


休日の為、町工場や伝統工芸的な老舗などどこもシャッターを下ろしてお休み。
やはり、下町らしさを撮るには、平日に来ないと味のある写真が撮れませんね!



[PR]

by surfking921 | 2014-02-16 22:20 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 15日

新たな試み②(Leica M+ZUIKO f1.4/50mm)

先週に引き続き、昨晩から雪が降り続き東京もだいぶ雪が積もった。

朝遅めに目覚め、おもてを見ると雪がやんでいるのでLeica MにマウントアダプターをかえしてOMレンズのZUIKO f1.4/50mmを付けて近所に撮影に出かけてみた。

すでに雪は、解けだし、道はグチャグチャ状態。

カメラを持って歩き回るには、足は雪で滑るし、最悪でした。

b0312075_14110001.jpg
b0312075_14101139.jpg
ピアノの鍵盤?
b0312075_14101962.jpg
拡大すると雪解け水の水滴が写ってます。
b0312075_14142274.jpg
b0312075_14104635.jpg
b0312075_16521534.jpg
個人的な感想ですがZUIKO f1.4/50mmは、そこそこ良いレンズだと思いますが、デジタルカメラで使うよりフィルムカメラで使った方が、レンズ特有の味が出る様な気がします。

でもLeicaのカメラで、M/Lマウント以外の古いの国産レンズで写真が撮れるなんて今まで、やったことが無かったので、楽しみが広がります。

今日は、薄曇りの中で撮影してみましたが再度、天気の良い日に使ってみようと思ってます。
[PR]

by surfking921 | 2014-02-15 14:25 | Lens | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 14日

大正ロマン(RICOH GR )

撮影:RICOH GR


大正時代の社交場の再現。いい物は、時が経っても色あせる事はない。

b0312075_23370592.jpg
b0312075_23374463.jpg
b0312075_23371451.jpg
b0312075_23372417.jpg
b0312075_23572838.jpg
b0312075_23364449.jpg

当時の社交界での女性の髪は、夜会巻きと言われる束髪が主流。

服装は、19世紀後期のフランス式をもとにスカートのシルエットを縮小して、
後ろに
スカートの余りをたたみ重ねてボウという盛り上がりを作ったのが特徴。

1892年にヨーロッパで初演されたチャイコフスキー
バレエ組曲「くるみ割り人形」 花のワルツ が聞こえてくるようだ。


Fantastic!





[PR]

by surfking921 | 2014-02-14 23:53 | RICOH GR | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 13日

新たな試み①(Leica M+ZUIKO f1.4/50mm)

以前、ブログにも書きましたが、35年前のOLYMPUS OM1 を持っていてOM1用のZUIKOレンズ35mm50mmSUN-ZOOM 38-90mm 3本が有り、このレンズ達をMで使うために先日KIPON製のOMマウントをMマウントに変換するマウントアダプターを購入。

b0312075_22411253.jpg

Mにライブビューとフォーカスピーキング機能が付いたおかげで、距離計連動を気にせずにライカ以外のレンズが、アダプターをかえして手軽に使える様になった事は、とても有り難い。

(でもライカらしくないとも言えるが…)

今まで、防湿庫で寝ていたレンズも使える様になったおかげで、レンズバリエーションが、広がった。

写真のレンズは、ZUIKO f1.4/50mm。スペック上では、和製SUMMILUX ? 

b0312075_22412985.jpg
b0312075_22414362.jpg

折角なんでSUN-ZOOM 1:3.5 38-90mmも装着してみたが、重さがヘビー級すぎるので街歩きの相棒には、不向きな感じです。
b0312075_22420377.jpg
b0312075_22421704.jpg

まだ写真は、撮ってないが、ZUIKO f1.4/50mm(和製SUMMILUX)良い写りに期待!


[PR]

by surfking921 | 2014-02-13 22:52 | Lens | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 11日

表参道(Leica M+Elmarit 135mm/f2.8)

撮影:Leica M Type240+ Elmarit 135mm/f2.8 2nd model / LEITZ CANADA
表参道にエルマリート
135mmを持って早速、街撮りに行ってきた。

生憎の曇り空、そしてとても寒い。

バレンタインデー前の祝日とあってこんな寒い日でも表参道は、どこに行っても人だらけ。

b0312075_19295723.jpg
b0312075_19301359.jpg
b0312075_19302708.jpg
b0312075_19305077.jpg
b0312075_19311262.jpg
b0312075_19313099.jpg
b0312075_19315041.jpg
b0312075_19320382.jpg
b0312075_19291023.jpg

肝心なエルマリートですが、

○:ボケ味も良く、写りはとても良いレンズです。

:レンズが大きく長いため、フォカスリングが少し重く感じた事とピント合わせに
  思っていた以上に気を使う。

×:特になし。







[PR]

by surfking921 | 2014-02-11 19:43 | Lens | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 10日

Elmarit 135mm/f2.8 2nd model(LEITZ CANADA製)

b0312075_23374858.jpg
b0312075_23373517.jpg
b0312075_23380068.jpg
レジファインダーで90mmは、ともかく135mmレンズで撮影するのは厳しいものが有ったが、MTYP240)の登場で135mmレンズも電子ビューファインダーを使う事で、ピント合わせも楽になり、写真が撮りやすくなった。

今回、程度のとても良いLEICAの大口径望遠レンズ(メガネ付き)Elmarit 135mm/f2.8(ライツカナダ製)を購入。当時の外箱も時代を感じさせる。

レンズと一緒にE55フィルターも購入するが、これもかなり大きい。

E55E39と比較のために並べてみるが、大きさの違いは歴然。

b0312075_23371919.jpg

レンズ単体の重さも780gLeicaレンズの中でもヘビー級に入るレンズ。

そんなレンズを付けて三脚なしで、写真を撮るために実は、Really Right StuffBM240 BASE PLATE+L-Component+Gripのセットを事前に購入してました!

b0312075_00043840.jpg
b0312075_00045133.jpg
MElmarit+グリップで総重量1,660gは、ちょっと重すぎですが、どうにかイケそうな感じです。

今週末、Elmarit 135mm/f2.8で撮影してみます。


[PR]

by surfking921 | 2014-02-10 23:52 | Lens | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 09日

丸の内

撮影:Leica M Type240+ Voigtlander COLOR SKOPAR 35mm F2.5

昨日の大雪で、東京でも公共交通機関に大きな影響が出ていた。

今日は、朝から気温も上がり、丸の内界隈は、昨日の大雪が嘘の様に歩道の隅に雪が有る程度。さすがに日陰には、とけずに残った雪が有りましたが、大した程では有りませんでした。

b0312075_00475461.jpg

b0312075_00485201.jpg
b0312075_00511814.jpg
b0312075_19520979.jpg

天候は、回復したが雪の影響か、人は少なく静かな日曜日だった。

[PR]

by surfking921 | 2014-02-09 18:30 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 06日

思い出のカメラとの再会(OLYMPUS OM1)

数年前、自宅から35年前のOLYMPUS OM1ZUIKO 50mm f1.8が出てきた。

b0312075_00093519.jpg
このカメラは、私が学生時代に自分用として親に買ってもらい、使っていたカメラです。
当時、朝日連峰、北アルプス、谷川岳など週末や夏休みになると必ず山へ持っていってた記憶が蘇ってくる

長年の間、
防湿庫に入っていた訳でもなく、タンス保管。当然ファインダーを覗くとカビだらけ。
シャッターは、切れるがきちんとスピード通りに切れているかどうか疑問?

露出計は、電池切れで動かない。

レンズは、カビの巣状態でとにかくボディだけでもオーバーホールに出す事を決め、自宅から近い東京カメラサービスに依頼。

1-2週間程度で、オーバーホールから上がってきた。

フィンダーを覗くと期待以上に綺麗になっていた。費用は、1.8諭吉。
シャッタースピードも露出計も問題ないレベルとの事で一安心

しかし後日、某オークションでOM1を検索したところ、完動品でそこそこ綺麗な物が、1諭吉以下で買える事を知りショックを受けた。(涙)

b0312075_00092297.jpg
レンズは、オーバーホールせずにオークションでZUIKO 50mm f1.4SUN-ZOOM 38-90mm f3.5を程度の良い物を購入。

しかし、世の中の主流は、デジタル一眼、ミラーレス一眼、コンデジの時代にあってフィルムカメラ?フィルム自体もどこで買えばいいのか、ググる時代。

35年ぶりにフィルムカメラとまた付き合いだす偶然の切っ掛けとなっカメラです。


[PR]

by surfking921 | 2014-02-06 23:33 | Olympus OM1 | Trackback | Comments(0)
2014年 02月 03日

Rollei A110

b0312075_23252703.jpg
写真のカメラは、Rollei A110(通称:ワン・テン)。1976年製(昭和51年)Made in Germany

製造型36年の月日が経っているが、何ともカッコ良いカメラでギミックも多く、どこか懐かしいカメラ。

1974年のフォトキナで発表され、ボディを左右にスライドさせることによってフィルム巻き上げをする点はローライA26と同様。ブラックとクロームがある。

◆シャッター:プログラムAE

◆レンズ:テッサー23mmF2.8

◆電池:Mallory PX27もしくは、Varta 71505.6V)*今は製造されていない。

◆設計はハインツ・ヴァースケ。

◆フィルム:110フィルム(カートリッジフィルム)を使用。

*新宿のヨドバシカメラで110フィルムは購入可能。

b0312075_23255331.jpg
b0312075_23261191.jpg
残念ながら、レンズとファインダーには、カビと塵が固着していて、電池ボックスには、液漏れ跡が有り、写真を撮ることが出来ない状態です。

何とか修理してまた使える様にしたくて、都内の修理店を数件当たりましたが、残念ながら対応頂ける修理屋さんが無く、防湿ケースで保管しています。

どなたか、修理してくれる所をご存じの方が、いらっしゃいましたらご連絡頂けると助かります。


引用元:ローライ-Wikipedia

ローライ(Rollei-Werke Franke & Heidecke GmbH )は、ドイツにて1920年に設立されたカメラメーカーである。創業者はフォクトレンダーを退社したパウル・フランケ(Paul Franke 1888-1950年) とラインホルト・ハイデッケ(Reinhold Heidecke 1881-1960年)の2人。二眼レフカメラの元祖となったローライフレックスシリーズが有名であり、2006年現在でも二眼レフカメラを製造している。コンパクトカメラブームを巻き起こしたローライ35シリーズも有名である。現在では世界で初めて6×6cm判オートフォーカスカメラを世に送り出すなど6×6cm判新鋭一眼レフカメラなども製造している。日本での輸入代理店は1980年と1982年にはローライジャパン、1983年と1984年にはドイインターナショナル、1986年には日本シイベルヘグナー(現DKSHジャパン)、1998年にはプロシスであったが、駒村商会を経て、2013年現在はケンコープロフェショナルイメージングとなっている。

レンズは世界中で高い評価を受けているカール・ツァイスやシュナイダー・クロイツナッハ製で、ローライ独自のHFTHigh-Fidelity-Transfer )と呼ばれる高精密蒸着多層コーティングを施して採用している。



[PR]

by surfking921 | 2014-02-03 23:45 | Rolleiflex | Trackback | Comments(2)