I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 27日

Leica M7 (0.72 Engrav/Japan Model)

2001年製造の日本国内で販売されていたM7で、トップカバー(軍艦部上部)に筆記体で「Leica」のロゴと「LEICA CAMERA AG GERMANY」がシルク印刷されています。

使い込むうちにシルク印刷が剥げていくため、見栄えが良くありません。

今販売されているM7は、シルク印刷ではなく、Engrav(彫り)加工されているため、使い込んでも剥げる事は有りません。

ライカでは、カスタマーサービスとしてEngrav(エングレーブ)加工を有償で受け付けています。(多分、ユーザーからの不満の声に答える形として始めたサービスだと思います。)

b0312075_00220994.jpg
撮影に全然影響ない、どうでもいい話ですが私のM7も文字かけが有り、一層のこと紙ヤスリで削ろうかとも思いましたが、試に一度M7を本国に送ってみようかなぁ~と思い、カスタマーサービスに出してみました。待つこと3-4か月、銀座のライカジャパンからM7のエングレープ加工が終わり、カメラがドイツから届いている旨の連絡を受け、引き取りに向いました。

銀座のLeica shopは、ご存じの方も多いと思いますが、1階がLeica cameraShowroomで、2階の奥にCustomer care Cornerが有り、白衣をまとった職人(マイスター)が対応してくれ様になっています。Reserve sheetを出してM7を受け取る。費用は、5諭吉程。バッテリーが消耗していた為、1階でDL 1/3N2つ購入し、その場で入れ替えをしてもらい帰宅。

Engravの仕上がりについて

シルク印刷された部分を彫る前に消し取っているが、綺麗には取れていない。

その上から彫っている。(多分、レーザー彫りと思われます。)後彫りの為、M3CLと比べると彫りは浅く、文字の幅も気持ち細めな感じがします。

簡単ですが、以上が見た目の感想です。

ところで、このEngrav(エングレーブ)加工が好きか嫌いかで二極化しているのも事実として有ります。(私は好き)

M3からつづくトップカバーのEngravは、Leicaとしての存在感とドイツの精密機器(Made in Germany)で有る事を感じさせてくれますが、トップカバーのLeica Engrav加工と正面の赤丸Leicaロゴとでは、少し主張し過ぎる感も拭えません。

そこで改造になってしまうが、今回思いきって赤丸Leicaロゴマークを黒に変えてみた。

ボディーを傷つけないようにゴムラバーでロゴマークを右に左に少しづつ回しながら、外します。

外し付け換えた写真が、こちら。比較の為にM6に付いている赤丸ロゴ写真も並べてみます。


b0312075_00265089.jpg
b0312075_00270109.jpg
赤丸が黒丸になり、色がトップカバーに同化してサッパリした感が有りCool

以前購入した、artisan&artistM7専用レザーケースとSummicron 50mm f2.0を装着してみました。

b0312075_00272106.jpg
b0312075_00273590.jpg
Leicaは、写真を撮るための機材ですが、外見や見た目も気にしたいカメラですね!

*最後に一つだけ、先日書いたブログで、フィルムカメラの自分の考える利点として、バッテリーが無くても撮影出来る。(一部のフィルムカメラを除く)と書きましたが、M7は、バッテリーが切れるとシャッターが切れません。電子化したAEカメラの為、私の持っているフィルムLeicaでこのM7だけは、一部カメラを除くに入るカメラです。


[PR]

# by surfking921 | 2014-01-27 00:46 | Leica M7 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 26日

Leica M6(0.72)頼りになる露出計

b0312075_23582971.jpg
前機種M5のスタイリングが不評だったことを受けて、1984年に製造を開始したモデルで、外観では、製造開始当時はトップカバーにあった「ERNST LEITZ WETZLAR GMBH」の刻印が、社名変更によりなくなり、写真のようにトップカバーの裏側に「LEICA CAMERA GMBH MADE IN GERMANY」の刻印が入るようになりました。正面の赤丸筆記体ロゴも「Leitz」から1988年以降は「Leica」へと変更されて1999年まで製造されていました。

b0312075_23584057.jpg
素人の私は、昔から露出計に頼る癖が有り、露出計マストなんですが、M6にも実用的なLED(赤色発光ダイオード)の露出計が内臓されています。この露出計も前期型は測光範囲を超えると表示用の▲LEDが消灯しますが、後期型は点滅するようです。

ファインダーを覗くと見える▲のLEDは、絞りリングの回転方向を指示していて、右側の▲LEDだけが点灯した場合は、露出オーバーで、絞りリングを左に回します。

または、シャッターダイヤルを時計回りに回し、両方点灯するように調節し合わせます。

露出表示は、両方の▲LEDが同じ明るさに、点灯した場合が適正露出で、▲LED表示は、シャッターの半押しを続けている間点灯します。

(指を離した後、約10秒間点灯)

実際にレンズが絞られた状態を測光していますが、

両方点灯し、右側が暗く点灯した場合は、1/2アンダー

両方点灯し、左側が暗く点灯した場合は、1/2オーバー。

右側だけが点灯した場合、1段以上露出オーバー。

左側だけが点灯した場合、1段以上露出アンダー。

露出計の電池は、ボタン型酸化銀電池 (SR44/V76PX×2 または、1/3Nリチウム電池)で私は、DURACELLデュラセルCR1/3N電池を使用しています。

当然の話ですが、電池が切れると露出計は機能しなくなりますが、撮影には影響有りません。

*適正露出でも私は、思い通りの写真を撮るのが、なかなか出来ません。(下手くそなんで)

でも、そこがマニュアルカメラの面白いところでもあると思うようにしてます。(笑)

偶然にも、当時の正規代理店だった日本シイベルヘグナー物で、銀座のLemon社が販売した履歴のわかる綺麗なM6を前オーナーさんから購入することが出来ました。

(使い物になりませんが、L社の印鑑が押されたワランティーカードも付いてました。)

私のM6は、1995年製です。


購入に至った理由は、露出計も内臓されていて、素人の私でも使いこなせそうに思えたのと、日本で製造されたCLでは無く、ドイツ本国で造られた本物のライカを使ってみたかった事。

今、思うとそんな理由からでしたが、M4をベースにボディサイズ、デザインをほとんど変えずに露出計もきちんと組み込まれていて、ライカのレンジファインダー機の中で機能的にも進化した実用派向けの素晴らしいモデルだと思います。


[PR]

# by surfking921 | 2014-01-26 23:57 | Leica M6 | Trackback | Comments(2)
2014年 01月 26日

RICOH GR(Sub Camera)

今のサブカメラ:RICOH GR

b0312075_19084760.jpg

以前のサブカメラ: RICOH GR DIGITAL IV
b0312075_19094768.jpg
フィルムカメラの自分の考える利点は、

・デジタルカメラと違い、何枚も撮れない。決められたフィルム枚数での勝負になるのでその分真剣に撮影に挑むため一枚あたりのクォリティが高くなる可能性がある。

・デジタルが超えられないほどの画質を今だに持っている。

・ライカに限って言えば、バッテリーが無くても撮影出来る。

(一部のフィルムカメラを除く)

また楽しみも、

・撮り終わった後に現像に出さなければ、デジカメの様にその場で確認ができない。現像から上がってくるまでの時間のワクワク感が有る事。

など有りますが、欠点も幾つかあります。

・デジタルのように何枚でも好きなだけ、撮ることが出来ない。フィルム代+現像代が常に掛かってしまう。無駄な写真も現像代が掛かってしまう。

・今の時代、デジカメのように撮影した写真をパソコンへ簡単に取り込むのに手間が掛かる。現像データをラボでCDに焼いてもらう必要が有る事。

など等有り、欠点を含め穴埋めしてくれそうなコンデジで、Leicaのサブカメラとしてコンパクトで性能が良いカメラを探すことに

いろいろと候補のカメラは、有りましたが結局、RICOH GR DIGITAL IVを購入。

GR特有な色合いと小さなボディにも関わらず、様々な設定が出る事、レンズが28mm F1.9と明るいレンズで有った事、そして重さがわずか190gという事でサブカメラとして使っていました。

RICOH GR DIGITAL IVを購入した時にすでに、RICOH GRがニューモデルとして販売されてたため、Map Cameraで半額で新品在庫品を買い、使用していましたが昨年GR DIGITAL IVを手放し、GRを購入。センサーサイズが、1/1.7→APS-Cになり、画素数も約1,0001,640万画素になったり、35mm画角のクロップ機能など、すべてにおいて刷新されています。

サブカメラとして、迷った時の露出やシャッタースピード確認やサブとしての写真撮りなど、とても役に立つカメラです。

最近、サブカメラとして購入したのに様々な設定が出来、軽くて持ち運びも苦にならないので、サブメインになってしまっています!(笑)

b0312075_00221911.jpg

b0312075_00222933.jpg
b0312075_19223709.jpg
b0312075_19225173.jpg
撮影: RICOH GR DIGITAL IV





[PR]

# by surfking921 | 2014-01-26 19:28 | RICOH GR | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 23日

M-ROKKOR 28mm F2.8

Leica M6/M-ROKKOR 28mm F2.8
撮影場所:代官山 蔦屋書店

b0312075_21340375.jpg
b0312075_21341830.jpg
b0312075_21343434.jpg
b0312075_21345157.jpg

M-ROKKOR 28mm F2.8は、1981年にMINOLTA CLEの広角レンズとして開発・発売されたレンズ。

構成:57枚、重さ:135g、フィルター径:40.5mmです。

以前、いろいろな方のブログを拝見していると「和製エルマリート」とか「エルマリートを凌ぐ」などの記述を読まさせていただいてました。

素人の私には、良くわかりませんが、同じ明るさの28mmと言う事と共にレトロフォーカスタイプとなっているので、ELMARIT 28mm F2.8と良く比較されていたんでしょうね。

「とても興味深いレンズだなぁ」という印象で、他の28mmも気になりつつ、M-ROKKOR購入をすることに

M-ROKKOR 28mm F2.8は、レンズの性格上、前玉にブツブツが出ている個体が多いとの話をカメラ店の方や友人から聞いていましたが、

実は、最初に購入したM-ROKKOR 28mm F2.8のレンズに光をあててみると、このブツブツが無数出ていました。(涙)

オーバーホールもお金が掛かりそうだし、出来れば気持ちよく使いたいと思い手放す事を決め、新たに程度の良い、M-ROKKOR 28mm F2.8を新宿のMap Cameraで再購入し、使っています。(汗)

b0312075_21352991.jpg
コンパクトで軽いレンズなので、CLでも使える様に28mm用の外付けビューファインダーも購入。
b0312075_21354706.jpg
CLにファインダーとレンズを装着すると、なかなかの出で立ちに変身。
COOL!


[PR]

# by surfking921 | 2014-01-23 21:55 | Lens | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 21日

Summicron-C 40mm f2/ Elmar-C 90mmf4(ステップリング)

ズミクロンC40mmF2、エルマーC 90mmf4レンズは、コンパクトで玉数も多く、値段もこなれていますが、39mm規格の他のライカアクセサリーが、そのままでは使えません。使うために思考錯誤したフィルターとレンズフードの経験談です。


先ず、フィルターですが、E39は付きません。

(39mm径だけどピッチが通常の0.5mmではなく0.75mmです。)

無理やり回せば、途中までは入りますが、ネジ山を潰す恐れが有るのでやらない方が良いです。(汗)

専用のシリーズ5.5と言う小さなフィルターをレンズにのせて、上から純正のラバーフードで押さえ込む様にネジ込み固定します。

b0312075_21402479.jpg
Elmar-C 90mmf4も同様にしてフィルターを装着をします。

このシリーズ5.5が、なかなか手に入らなくて当時、都内のカメラ店を探しまわり、

B+W5.5E.LEITZ UVA SER.5.5 USA製のシリーズ5.52枚をやっとの思いで探し購入しました。
(最近、新宿のL社で販売されているのを見ました。)

b0312075_21403918.jpg

E39フィルターとシリーズ5.5フィルターを並べて比較すると、シリーズ5.5は、E39と比べ一回り小さいフィルター。

b0312075_22055999.jpg

フードですが、SummicronElmarもラバーフードが、付いていますがラバーをたたむと写真の通りの状態で、使用時にたたんだラバーを広げて使う仕様になっています。

Summicron用とElmar用で若干ですが、ラバー部分の長さに違いが有ります。
(広げて、レンズに取り付けた状態でラバー部分の高さが、Summicron用:約17mmElmar用:約25mmです。)

b0312075_21473486.jpg
b0312075_21471648.jpg
ライカの純正フードの中では、稀な仕様でCL用のレンズフードと言う事も有り、コストダウンを図った結果だと思います。

個人的には、あまりラバーフードが好きになれず、ネットで検索をしていた所、ラバーフードを剥がし、ラバーフードのベースリングを使ってズミクロン用12524フードが、取付られる事を知り、早速トライしてみました。

12524フードは、プラスチック製で開口部52×41㎜と非常にコンパクトなフード。)


後ろが、オリジナルのラバーフードで手前が、ラバー部分を剥がして残ったベースリング。

このリングを使って12524フードを装着します。
(ちなみにラバーを剥ぐのが、意外に大変でした。)

b0312075_23360630.jpg
結果は、ご覧通りバッチリ付き、面構えも凛々しくなりました!(笑)

b0312075_21492189.jpg
さらにベースリングを使わずに
39mm径のレンズフードを取り付ける方法を検討。

ピッチが通常の0.5mmではなく0.75mmなので特殊なステップリング(ピッチ変換リング)が必要なため、駄目もとで、関東カメラサービスに問い合わせをしたところ、「以前、特注で製作した0.75→0.5㎜に変更するピッチ変更リングが、1つだけ有ります。」との話を伺い、即購入した経緯が有ります。

これが、ステップリング(ピッチ変換リング)関東カメラサービス製

(欲を言えば、もう少し質の良い鋼材で造って欲しいかなぁ。)

b0312075_21503821.jpg

このリングを使うとE39フィルターも付くし、39mm径のレンズフードも難なく取り付ける事が可能になる魔法のリングです。

(これ一つで、すべて解消されました。)

b0312075_21513871.jpg
b0312075_21540230.jpg

たかだかリングの話ですが、リング1つで色々と勉強させられた感じでした。

大変だった分、楽しみ方も増えましたが

ライカの魅力は、こんなとこにも有るんだなぁ~と感じた次第です。


See you later.







[PR]

# by surfking921 | 2014-01-21 21:55 | Lens | Trackback | Comments(2)
2014年 01月 20日

レンズの外科医(山崎光学写真レンズ研究所)

少し前の話ですが…。
日本橋で購入したELMAR-C 90mm F4(ERNST LEITZ/GERANY製)並品は、筐体は、とても程度が良かったのですが、レンズに曇りとブツブツが全体に出ていて写りも今一。わかっていて購入したが、たかだか数万円のレンズをオーバーホールにだしてもなぁ…。と思ったが、ダメもとで新宿の山崎光学写真レンズ研究所に伺ってみることにした。
ライカ系のオールドレンズ愛好家の間では、非常 に有名な工房。
早速、山崎さんに診てもらうと「結構曇ってますが、綺麗になりますよ」との事で、オーバーホールをお願いする事にした。
b0312075_21371810.jpg
b0312075_21372808.jpg
3-4週間後に山崎さんから電話を頂き、「出来上がっています」との連絡が有り、早速、取りに伺うことに。
山崎さんも結構、お年をとられていて、息子さん?とお二人で作業をされていました。
興味深い機材がたくさん有ったので、山崎さんの許可をもらって作業場の写真を撮らせて頂きました。
下の写真が、研磨したレンズにコーテイングを定着させるための真空機との事。
同じ機材が2台有って、長年使われているとても古い機材だそうです。
b0312075_21373834.jpg
b0312075_21375052.jpg
レンズの外科医と言っても過言ではない山崎さんの手に掛るとこんなにも綺麗になります。
b0312075_21380672.jpg
b0312075_21381521.jpg
修理後の撮影した1枚。ELMAR-C 90mm F4
b0312075_23581792.jpg
修理日数は、3-4週間掛りまましたが、オーバーホールのお値段も良心的な金額で、人柄も良く、とても頼りになる研究所でした。
近々、最近購入したオールドレンズも診てもらう予定です。


[PR]

# by surfking921 | 2014-01-20 21:57 | Lens | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 19日

Leica CL 1973年製

過去の話になりますが、そもそもLeicaと付き合う切っ掛けは、CLとの出会いからでした……。

悩んだ挙句に選んだフィルムカメラで有ったが、小さいながらちゃんとライカを感じることが出来る機種である。中古の個体(40年前)だが、とても綺麗でカビも無。M5のコンパクト版と言うこともあって露出計内蔵。そのほとんどのCLの露出計が壊れているか、くるっている事が多いが、こちらも正確に作動!
b0312075_23253670.jpg
b0312075_23255584.jpg
b0312075_23260801.jpg
◆外蓋を外した状態&パトローネ部分とフィルム圧板。*他のMライカと違います。
b0312075_23263852.jpg
一緒にズミクロン40mmが付いていたが、カビも曇りも無くとても綺麗。ただあまり使われてなかったので、トルク感が固め。でもこんな綺麗なレンズには、あまりお目にかかれないかも。
ついでに当時同時に販売されていた、エルマー90mmf4も日本橋のカメラ店で購入。こちらは、並品。(*レンズにくもりが有り、のちにオーバーホールに出しました。)

◆Summicron-C 40mmf2(フードは、ラバー製、フィルター、F/Rキャップ付)
b0312075_23261872.jpg
◆ELMAR-C 90mmf4(フードは、ラバー製、フィルター、F/Rキャップ付)
b0312075_23263038.jpg
Leica CLは、1973年~1976年。65000台製造。CLはコンパクトライカの略。M5のコンパクト版をねらって作られた。ミノルタで製造された純血ライカを超えた亜流ライカである。日本国内向のライツミノルタCLと全く同じものであるが、生産台数はライカCLの方がはるかに多い。多いにも関わらず、Leicaのブランドにひかれてこちらを求める人が多いようだ。(私もその一人)
そのため日本国内ではLeitz minolta CLのネームで売られた。違いはトップカバーのネームだけであるが、Leica CL の方が人気と値段が高い。
レンズについては、Leica CLがSummicron 40mmを標準装備しているのに対し、Leitz minolta CLは、M-Rokkor 40mmを標準としている。その他、ポートレート用としてELMAR-C 90mmf4とM-Rokkor 90mmf4があるが有るが、こちらは、共にMade in Germany。

早速、CLを持って近所で撮影。*Summicron-C 40mmf2を使用
b0312075_12060676.jpg
b0312075_12062971.jpg
b0312075_12064429.jpg
b0312075_12075331.jpg
いろいろ迷い、値段の安いMマウントのCLを購入しましたが、構図や腕は、置いといてデジカメと違った柔らかい写真が撮れて大満足!何より40年前のカメラとは、思えない程の写りに感激!!
デジカメでズミクロン、エルマーを使うためにライカMレンズマウントアダプター マイクロフォーサーズ用で装着して撮影したりと楽しめてます。
それと手作りカメラケース・ヒラノにCL用のケース&ストラップを購入。実際は、裸の方が使い勝手は良いのですが、念のために。
最近は、防湿庫の中に入れっぱなしです。たまには、使ってあげないとかわいそうですね!




[PR]

# by surfking921 | 2014-01-19 23:53 | Leica CL | Trackback | Comments(0)