タグ:ELMAR 50mm F2.8 ( 5 ) タグの人気記事


2015年 12月 27日

京都(木屋町通)

LEICA M(TYP240)+Elmar 50mm/f2.8 M-mount 2nd
b0312075_03030934.jpg
b0312075_03004211.jpg
b0312075_03010479.jpg

[PR]

by surfking921 | 2015-12-27 23:39 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 27日

京都(嵐山)

LEICA M(TYP240)Elmar 50mm/f2.8 M-mount 2nd
b0312075_22050961.jpg
b0312075_23293280.jpg
b0312075_22432143.jpg



[PR]

by surfking921 | 2015-12-27 21:27 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 26日

Reflection

LEICA M(TYP240)Elmar 50mm/f2.8 M-mount 2nd
b0312075_22454468.jpg
b0312075_22455508.jpg
b0312075_22461501.jpg
京都駅ビル







[PR]

by surfking921 | 2015-12-26 22:21 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 25日

Merry Christmas

LEICA M(TYP240)

b0312075_00304940.jpg

Merry Christmas
[PR]

by surfking921 | 2015-12-25 00:31 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 03日

ELMAR F2.8/50mm

1929年の登場以来、長い歴史を持つエルマー50mm初代エルマーから沈胴式でコンパクトに収まるレンズとして使われてきたエルマーの現行モデル。古くて新しいレンズです。

撮影する際、「レンズを引き上げ、軽く右側に回してロックする」このレンズ特有のギミック(作法)が、カメラ本体だけでなく、レンズもメカニカルに感じられて心を擽られます。

明るさは、F2.8で写りは秀逸! 

沈胴レンズなので普段使いはもとより、そのコンパクトさ故の使い方として旅行の際には、必ず持っていきます。

値段もライカレンズの中では、さほど高くありません。

1994年からの生産で、レンズ構成は34枚。最短撮影距離は、現行のSummiluxSummicronと同じ0.7メートルです。
フィルター径:E39、フード:12550。

フードはライカレンズフードの中で最も短い12550でねじ込み式で、大きくないので

付けっぱなしでもさほど気にならないぐらい、フードもコンパクト。

実にライカらしい写りとギミックを兼ね備えたコンパクトレンズとなってます。

b0312075_15264432.jpg

沈胴させて状態

b0312075_15271061.jpg

撮影状態

b0312075_15305860.jpg

小さな12549フード





[PR]

by surfking921 | 2015-04-03 21:42 | Lens | Trackback | Comments(0)