I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ

タグ:SUMMICRON 50mm F2 ( 13 ) タグの人気記事


2015年 01月 04日

Shibuya of the early summer

撮影:Leica M Type240+ SUMMICRON50mm F2)
b0312075_01322415.jpg
b0312075_02043611.jpg
b0312075_01581340.jpg
I photograph it in July


[PR]

by surfking921 | 2015-01-04 01:37 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 04日

Apartment of Setagaya

撮影:Leica M Type240+ SUMMICRON50mm F2)

b0312075_01205854.jpg

b0312075_01211102.jpg
b0312075_01213193.jpg
I photograph it in July


[PR]

by surfking921 | 2015-01-04 01:30 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 13日

Villa del sol (鎌倉市材木座海岸)

撮影:Leica M Type240

今年も夏の到来を実感出来る鎌倉の材木座海岸ビーチハウス、Villa del sol

b0312075_23075090.jpg
b0312075_23081165.jpg
b0312075_23025317.jpg
b0312075_23082048.jpg
b0312075_23082938.jpg

天気は、生憎の曇り空で波も無く穏やか。先週は、台風の影響でGoodなグランドスウェルが入っていた様だ。早朝ビーチハウスでモーニングコーヒーを飲みながら1年振りに再会したハウスのサブオーナーの先輩と1年分のたわいの無い会話をしていると犬の散歩で帰りに通りかかった近所のおばさんが「今日は、波が無いね~。4日前は、いい波が立ってたのに残念だね!」と言いたい事だけ言って去って行く。他の犬の散歩に来ているご近所さん達も通りがけに必ず挨拶して行く。Villa del solは、忘れかけている人と人の関わり方を改めて気づかせてくれる場所でも有る。

b0312075_23093461.jpg

ここ数年、海の家「クラブ化」が問題になっている様で、神奈川・湘南エリアなどの海水浴場で、ライブハウス形式の海の家の「クラブ化」が進み、騒音被害や治安悪化につながっているとされる問題。規制強化の是非をめぐり、一部で訴訟沙汰となっているようだ。海の家も市・県から様々な規制を受けていて今年からは、DJブースは作れなくなり、海の家内での音楽(ダンス系も含む)・フラと言ったミニイベント的なものまでNG? ミニイベントを行う際には、市(行政側)にイベント内容など、必要書類を提出して15人からなる各方面の責任者に説明を行い、許可されないと出来ないという話を聞いた。

確かに大きな音を出して夜まで海岸で盛り上がられては、ご近所迷惑だととは思うが、自主的に注意を各海の家がして来ていたにも関わらず、一部の海の家で起きてしまった事が、発端となった。
私にとって鎌倉の海の家(ビーチハウスVilla del sol)は、子供心を忘れていない素敵な大人達が毎年夏の2か月間だけ集う、社交場で夏の時期の楽しみでもある。

そんな社交場から生演奏やフラが見れなくなってしまうのは、とても残念に思うのと、また海を愛する大人達の遊び場を無くなって行く様な悲しい気持がする。


[PR]

by surfking921 | 2014-07-13 23:28 | Digital photography | Trackback | Comments(1)
2014年 07月 13日

勝鬨橋

撮影:Leica M Type240)

日本で現存する数少ない可動橋(跳開橋)であるが、1980年に機械部への送電を取り止めており、可動部もロックされ、跳開することはない。近年、再び跳開させようとの市民運動や都・一部都議の動きはあるものの、機械部等の復旧に莫大な費用(東京都の試算では約10億円)がかかることや多数の道路交通量があることから、実現の目途は立っていない。(Wikipedia引用)

是非、2020年に向けて一度だけのセレモニーでも良いので跳開させて欲しいと思う。

b0312075_00115858.jpg
b0312075_22372481.jpg








[PR]

by surfking921 | 2014-07-13 01:03 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 07日

SUMMICRON 50mm+LEITZ 16469接写リング(紫陽花)

撮影:Leica M Type240+SUMMICRON50mm F2+ LEITZ 16469リング)

昨日からの雨で、紫陽花が梅雨を知らせるかの様に咲き誇っている世田谷の遊歩道で撮影。

b0312075_15333253.jpg
b0312075_15334667.jpg
b0312075_15342314.jpg
b0312075_15343544.jpg
b0312075_15350595.jpg
b0312075_15351979.jpg
b0312075_15363887.jpg
b0312075_15365204.jpg

距離計連動しないため、ピント合わせはモニターを観ながら行うため、傘を差しながらの撮影は、辛い!



[PR]

by surfking921 | 2014-06-07 14:22 | Lens | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 05日

JAL機体整備工場(その2)

撮影:Leica M Type240+SUMMICRON50mm F2

機体整備工場の床・ピット達を撮影。

b0312075_22221405.jpg
b0312075_22222257.jpg
b0312075_22224590.jpg
b0312075_22225705.jpg
b0312075_22231120.jpg
b0312075_22232494.jpg

カラフルなピットの色は、整備作業で間違いが起きない様にの為だと思う。




[PR]

by surfking921 | 2014-06-05 22:32 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 05日

JAL機体整備工場(その1)

撮影:Leica M Type240+SUMMICRON50mm F2

ANAに引き続き、今回改めてJAL機体整備工場を見学してきた。

場所は、ANAの整備工場と同じ東京モノレールの新整備場駅。駅を出てすぐの所にある。

JAL工場見学「SKY MUSEUM」は、

1.展示エリア見学(撮影可能)

2.航空教室(撮影不可)

3.格納庫見学(撮影可能)

からなっており、賞味90100

分の見学コースとなっている。

b0312075_23581107.jpg

JAL/JASのスチュアーデスの歴代制服が、一堂に展示されていた。

b0312075_23581915.jpg
胸のエンブレムが、懐かしいオレンジ色の制服。
b0312075_00260444.jpg

格納庫には、ボーイング777が点検・整備で入っていた。

b0312075_23590046.jpg
b0312075_23591709.jpg
b0312075_00454978.jpg
b0312075_23595575.jpg
b0312075_00000864.jpg
ANAと同じで、参加費は無料だが、インターネットor電話での事前予約が必要。

[PR]

by surfking921 | 2014-06-05 00:20 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 24日

SUMMICRON 50mm+LEITZ 16469接写リング(クローバー)

撮影:Leica M Type240+SUMMICRON50mm F2+ LEITZ 16469リング)

以前にも書いたが、16469は、元々ビゾフレックス用の中間リングでMマウントレンズをデジカメで使用の際は、接写リングとしても活用できる。当然だが、距離計連動はしない。

クローバーが、花を咲かせていたのでこの接写リングをSUMMICRONに付けでMで撮影。接写距離は、50mmSUMMICRON1215cm位で、ピントはモニターを観ながら合わせ写す。

b0312075_22275651.jpg
b0312075_22282872.jpg
b0312075_22281654.jpg

撮影には、手間が掛かるがLEITZ時代のリングが、デジタル時代に接写リングとして使えるのは、fantastic



[PR]

by surfking921 | 2014-05-24 22:32 | Accessories | Trackback | Comments(0)
2014年 03月 13日

梅(Leica M)

撮影:Leica M Type240+SUMMICRON 50mm F2

関東三大梅林と言えば、水戸偕楽園(茨城県水戸市)、越生梅林(埼玉県越生町)、熱海梅園(神奈川県熱海市)

江戸時代以降、花見といえばもっぱらサクラの花を見ることとされているが、奈良時代以前に「花」といえば、むしろウメを指すことの方が多かったようだ。平安京御所の紫宸殿(ししんでん)の前の左近のサクラと右近のタチバナも創建当初は、桜ではなくウメ(承和年中に枯れたため仁明天皇がサクラを植えたのが始まり)である。そのように、ウメよりサクラがより一般に愛好されはじめるのは、平安時代からのことである。そしてウメは古里(ふるさと=奈良平城京)の静かな美しさと文化的郷愁の花となり、和歌や能に取り上げられることになる。(Wikipedia引用)
調べているうちに昼も過ぎてしまったので、取り合えずカメラを持って近所の梅の花を撮りに出かけた。


b0312075_23582512.jpg

b0312075_23523354.jpg

梅の花も
8分咲きで、色が少しくすみ出してきているが、奈良時代に思いを馳せながら撮影。

しかし、近場で梅を撮っても庭木を撮ってる感じで、やはり三大梅林に行かないと駄目ですね。(笑)


[PR]

by surfking921 | 2014-03-13 00:01 | Digital photography | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 28日

世田谷八幡宮(Leica M)

三箇日最後の日、カメラを持って、世田谷八幡宮に昨年厄除けの際に頂いた、御札を返しに行く…。
この辺では、有名な神社で多くの人が初詣に訪れていた。
b0312075_23394571.jpg
由緒Wikipediaから引用)

寛治5年(1091年)後三年の役(108387)の帰途、源義家がこの宮の坂の地で豪雨に会い、天候回復を待つため、滞在することとなり今度の戦勝は日頃氏神としている八幡大神の加護によるものと思い、豊前国の宇佐八幡宮の分霊をこの地に勧請し祀った。後に世田谷城主七代目の吉良頼康が天文15年(1546年)社殿を再興させて発展させた。この天文15年が実質的な創建の時と考えられる。

明治5年(1872年)郷社に列し、社号を宇佐神社と改めたが、第二次大戦後、世田谷八幡宮の名に復した。

かつては奉納相撲の勝敗によって来年の豊作・凶作を占ったり、今年の豊作を感謝したため、境内には土俵や力石がある。今でも毎年秋の例祭(915日)には東京農業大学相撲部による奉納相撲が行われている。

b0312075_23400463.jpg
b0312075_23402323.jpg
b0312075_23404724.jpg
世田谷八幡宮の本堂には、ハート型を模ったデザインが、数ヵ所有った。
次回住職に聞いてみようと思う。
b0312075_23410167.jpg

おみくじを引いて、結んでお参り終了。


CameraLEICA M

LensSUMMICRON 50mm F2



[PR]

by surfking921 | 2014-01-28 23:46 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)