I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ

タグ:SuperWideHeliar 15mm F4.5 ( 18 ) タグの人気記事


2017年 12月 01日

茶室「紅松庵」

紅葉渓庭園復元を記念して、本市の名誉市民・故松下幸之助氏から寄贈されたもの。
茶室から見る庭園の眺めは四季を通じてすばらしい。
茶道の心得がなくても気軽に立礼室で抹茶を楽しむことができます。

b0312075_22075905.jpg
b0312075_22081177.jpg
b0312075_22082272.jpg
b0312075_22083890.jpg



[PR]

by surfking921 | 2017-12-01 14:07 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 30日

和歌山城

和歌山城は、天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりで、その築城を担当したのが、
築城の名人藤堂高虎(とうどうたかとら)。
まず、秀長の城代として桑山重晴(くわやましげはる)が入り、慶長5年(1600)には、関ヶ原の戦いで功をたてた
浅野幸長(あさのよしなが)が入城。 
そして、元和5年(1619)には徳川家康の第10男・頼宣(よりのぶ)が入城し、紀州555千石の城となり、
以来、水戸・尾張と並び、徳川御三家のひとつとして、長い歴史を刻んできた城です。

b0312075_21572341.jpg
b0312075_21575791.jpg
b0312075_21585719.jpg
b0312075_21592950.jpg
b0312075_22000225.jpg

手まりをモチーフにした照明


[PR]

by surfking921 | 2017-11-30 17:45 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 13日

和歌山 ポルトヨーロッパ

人工島に建設された和歌山マリーナシティ内にあるポルトヨーロッパ。
ポルトヨーロッパは、ヨーロッパの街並を本格的に再現した建築物と遊園地ゾーンから出来ているテーマパークです。

遊園地の定番アトラクションの他、バーベQコーナーやしらす丼なども食べられる黒潮市場も有りました。

b0312075_21393869.jpg
b0312075_21395378.jpg
b0312075_21400890.jpg
b0312075_21402254.jpg
b0312075_21405426.jpg


[PR]

by surfking921 | 2017-11-13 09:49 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 09日

和歌山 淡嶋神社

2万を超える人形が納められ、髪の毛が伸びる人形でも有名な「お菊人形」が有り、テレビ でも取材される有名な和歌山の淡嶋神社。

b0312075_22225863.jpg
b0312075_22231744.jpg
b0312075_22233075.jpg


[PR]

by surfking921 | 2017-11-09 22:10 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 09日

和歌山 四国を望む夕景

国民休暇村からの夕景。右端に淡路島、その奥に四国徳島をのぞむ風景は、絶景でした。

b0312075_00244001.jpg
夕焼けの上のゴミの様なニョロニョロは、飛行機雲です。


[PR]

by surfking921 | 2017-11-09 10:13 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 07日

和歌山 磯ノ浦海岸

11月上旬の3連休に和歌山県に住む知り合いのご夫婦宅に3日間お邪魔して和歌山を満喫させていただきました。

加太線の磯ノ浦駅1分に位置する磯ノ浦海岸。夏場は、海水浴客で賑わう海岸だそうです。

私は、サーフィン目的で3日間波を待ちましたが期待する波は来ませんでしたが、11月というのに夏の陽ざしと綺麗な砂浜が素敵な浜辺でした。

b0312075_21304408.jpg
b0312075_22262122.jpg
b0312075_21302807.jpg
b0312075_21305854.jpg




[PR]

by surfking921 | 2017-11-07 21:51 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 01日

Glamping(グランピング)②

流石だなぁ~と思ったのが、我々ゲストが利用するエリア内に時計とTVが(すべての部屋・各施設)ないこと。
お分かりの通り、大自然の中で本格的なアウトドア体験を時間や外から情報から解放させて非日常をつくりだすための工夫なんだと思います。寝泊りは、ホテルと同等以上のサービスが提供されますので、テントでの寝泊りではないのでお風呂や虫などの心配は、一切なく超快適です。
宿泊棟のすべての部屋のテラスから富士山を写真のようにみられるロケーションに建てられていること。
テラスに夜になるとキャンプファイヤー風な炎がともされ、月に照らされた富士山、河口湖を観ながらくつろげる演出も
気がきいていてとてもよかったです。
朝食は、ダイニングでも部屋でもリクエストに応じてくれますが、クラウドテラスエリアで自分でお好みのパンと具材をサンドしてグリルして食べるコースを選択しました。ライブラリーカフェのおもてで、挽きたてのコーヒーのドリップサービスもあり(当然teaもあります)、自然の中での朝食は、空気もきれいなせいか、とても美味しかったです。サンドの写真撮るの忘れてました。(汗)

b0312075_22071636.jpg
b0312075_22073181.jpg

フロント/ダイニング 
ここでも夕・朝食が食べられますが、普通ですね。

b0312075_22080037.jpg
b0312075_22081548.jpg

スタッフが、コーヒーを入れる準備をしてくれている風景

b0312075_22052350.jpg
ライブラリーカフェ
b0312075_22042740.jpg

ライブラリーカフェの好きな本を持って、おもてのハンモックに寝そべって読んだり、コーヒーや紅茶を飲みながらテーブルや暖炉のソファーでものんびり読書ができます。雨の日も雨音を聞きながらの読書も非日常な感じで良いかも。



外国人もかなり多く、アクテイビティを通して仲良くなったりと
今回初Glampingでしたが、かなり新鮮な体験で大人のちょっと贅沢な休日みたいな感じでした。





[PR]

by surfking921 | 2017-06-01 01:33 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 31日

Glamping(グランピング)①


今、巷で流行り出しているグランピング体験を河口湖で満喫してきました。
そもそも、Glamping(グランピング)とは、グラマラス(Glamorous=魅力的な)とキャンピング(Camping=キャンプ)を組み合わせた造語で、キャンプ道具を持って行ったり、テントを張ったりすることなく、自然のなかで気軽にキャンプを楽しめる
新しいキャンプスタイルのことをグランピングと呼んでいます。

b0312075_22070524.jpg

b0312075_23205856.jpg

b0312075_23165170.jpg
クラウドテラス/ライブラリーカフェエリア

b0312075_23170539.jpg

自分で作って食べることが出来るスモーク体験ゾーン他、
自然の中で行うヨガやまき割り体験など様々なアクティビティメニューがあります。

b0312075_22053948.jpg

4時過ぎからクラウドテラスエリアに設置されているキャンプファイヤーを使って
皮付きそ
豆を炭火で黒くなるまで蒸し焼きにして、フレバー岩塩で楽しむアクティビティもあり、ロゼワインも飲み放題

b0312075_22055307.jpg
b0312075_23173085.jpg
b0312075_23171858.jpg

ダッジオーブンディナー

b0312075_22130100.jpg

部屋のテラスから写した夕方の富士山と河口湖










[PR]

by surfking921 | 2017-05-31 14:46 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(4)
2016年 10月 17日

Rainbow Bridge

先日、写真サークルのオフ会で芝浦界隈へ撮影に行ってきました。天候にも恵まれた少し汗ばむ秋晴れの1日でしたが撮った写真は、
なんだか、観光に来た人の記念写真みたいでした。^_^;

b0312075_22471662.jpg
b0312075_22474965.jpg
b0312075_22473169.jpg
b0312075_22475943.jpg

この季節に裸族発見!秋の陽ざしは、やさしいので日焼、気持ち良さそう~




[PR]

by surfking921 | 2016-10-17 22:50 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(15)
2016年 10月 03日

不思議な2階建てトンネル

b0312075_00510359.jpg
b0312075_00511459.jpg
b0312075_22225660.jpg

養老渓谷(千葉県市原市、大多喜町)ある不思議なトンネル。手掘りトンネルのため、幅が狭いが
生活道となっているので、撮影の際は、クルマに注意が必要です。
1枚目の写真は、撮影中にクルマが来たので避難した時の写真です。

“2階建て”になった理由は、かつては普通のトンネルで、西側の出口(2つの出口が写っている方向)は“上”が使われていたそうですが昭和45年、接続する道路への利便性をよくするため、トンネルの途中から
道路はさらに深く掘削され、“下”の出口が新たに出来たそうです。
“上”は、埋め戻されなかったため、2つの出口ができたそうです。(上には、上がれませんでした。)








[PR]

by surfking921 | 2016-10-03 16:44 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(2)