人気ブログランキング |

I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ
2020年 06月 17日

大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)

梅雨に入り雨が強く降り出したので当初予定していた日光東照宮の見学をやめ、
傘をささずに済む宇都宮市大谷町にある有名な大谷石地下採掘場跡にはじめて行ってみました。

行ってみて驚いたのは、外気温が30℃以上なのに採掘場内は、10℃との放送があり、
慌ててクルマの中で短パンからジーンズに履き替え、ジャケットを持って入場しました。
でもこの判断は、大正解でした。(笑)


大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)_b0312075_23383030.jpg
大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)_b0312075_23390557.jpg

地下採掘場跡に入って10分もするとジーンズを穿いていても上着が半袖だったので寒さで震える感じでしたので、
ジャケットを着ると丁度いい感じで快適でした~!

基本場内は、闇でポイントごとに照明がある感じで、ライカでの撮影は、厳しかったです。(汗)

シャッタースピードをおとしての写真なので手振れしていますので、ご了承願います。


大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)_b0312075_23394371.jpg
大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)_b0312075_23462245.jpg

縦のみぞは、掘削機の歯のあと。


大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)_b0312075_23474112.jpg
大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)_b0312075_23402574.jpg
大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)_b0312075_23400762.jpg
大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)_b0312075_23410753.jpg
場内には、假屋崎 省吾さんのアート作品やオブジェなど見どころポイントが幾つか有りました。
大谷石地下採掘場跡(大谷資料館)_b0312075_23412963.jpg
以前、yuhki*tomoさんに連れていってもらった千葉の濃溝の滝風な感じでした。
寒暖の差で雲のような霧が出ていました。


コロナウィルスの影響で、例年の半分以下の来場者数の様で雨の土曜日でしたが、
確かに人は少な目でしたので、興味のある方はゆっくり撮影できますょ。





# by surfking921 | 2020-06-17 00:11 | Leica M(typ240)
2020年 03月 29日

なごり雪

深夜から降り出した季節外れの雪の影響で、満開となっている桜が気になり、コロナウィルス感染拡大予防のため不要不急の
外出自粛の中、近所の遊歩道にちょっとだけ桜を見にいってきました。
せっかく咲いた桜の花が、急な気温の低下で本来の綺麗な色でなくどことなくくすんだ色合で
寒い中、がんばって咲いている感じでした。

なごり雪_b0312075_17423014.jpg
なごり雪_b0312075_17430382.jpg
なごり雪_b0312075_17424137.jpg
なごり雪_b0312075_17425165.jpg






# by surfking921 | 2020-03-29 17:48 | Leica M(typ240)
2019年 08月 03日

2019長岡花火大会

8月2日に新潟県長岡市で毎年2日に行われている日本三大花火大会の一つの長岡花火大会を観に行ってきました。

ジュピターが最高でした!!

2019長岡花火大会_b0312075_19552873.jpg
2019長岡花火大会_b0312075_19555915.jpg
2019長岡花火大会_b0312075_19561374.jpg
2019長岡花火大会_b0312075_19554693.jpg
2019長岡花火大会_b0312075_19562949.jpg



# by surfking921 | 2019-08-03 20:00 | RICOH GR
2019年 05月 28日

서울특별시(Seoul)

韓国の「北村」と呼ばれる伝統的な街並。
서울특별시(Seoul)_b0312075_22152779.jpg
서울특별시(Seoul)_b0312075_22155196.jpg
서울특별시(Seoul)_b0312075_22163522.jpg

Congratulations!


서울특별시(Seoul)_b0312075_22170005.jpg
서울특별시(Seoul)_b0312075_22181308.jpg
서울특별시(Seoul)_b0312075_22172591.jpg
서울특별시(Seoul)_b0312075_22183306.jpg

普通に住民が、生活されているエリアなので、マナーのない観光客が大勢いるんですね。





# by surfking921 | 2019-05-28 23:33 | RICOH GR
2019年 05月 27日

日本丸 ドッグヤード

今年に入って横浜みなとみらいの日本丸が、化粧直しの為、ドックヤードの海水を抜いて修繕作業を行っていました。
なかなかお目にかかれないタイミングでみる事が出来ました。

現在は、修繕が終わり、今まで通りドックヤードには海水が戻っています。

日本丸 ドッグヤード_b0312075_22240915.jpg

日本丸 ドッグヤード_b0312075_22250274.jpg
日本丸 ドッグヤード_b0312075_22231881.jpg
日本丸 ドッグヤード_b0312075_22262334.jpg



# by surfking921 | 2019-05-27 22:38 | Leica M(typ240)
2019年 05月 25日

長瀞

埼玉県の県境に近い、荒川の上流となる長瀞へライン下り(6km)を体験しに行きました。

ラフティングの様に濡れる事もなく、ライフジャケットを着用するだけで大丈夫でした。

長瀞_b0312075_00122879.jpg
長瀞_b0312075_00131470.jpg
長瀞_b0312075_00135906.jpg
長瀞_b0312075_00153657.jpg

長年にわたって川波に削られた岩なみは、自然の力の凄さを感じます。

長瀞_b0312075_00160408.jpg
長瀞_b0312075_00162709.jpg

船は、下流の終点からクレーン付のトラックに引き上げられ積まれて、上流の出発場所に運ばれ観光客を乗せてまたここに戻ってきて、トラックに積まれての繰り返しを行っているんですね~

長瀞_b0312075_00165781.jpg
長瀞_b0312075_00172061.jpg

ライン下りを終え、戻るとSLが週末に向けてのテスト運行をしているところに遭遇。

長瀞_b0312075_00205794.jpg


帰りに天空のポピー畑を見に行きました。6分咲きでしたが、満開になると遠目に見ると赤い絨毯を敷いた様になるんでしょうね。






# by surfking921 | 2019-05-25 00:30 | RICOH GR
2019年 01月 02日

フェルメール展(Johammes Vermeer)

久しぶりにカメラを持って上野の森美術館で昨年から開催されているフェルメール展を観に行ってきました。

フェルメール展(Johammes Vermeer)_b0312075_20285749.jpg

フェルメール展(Johammes Vermeer)_b0312075_20293790.jpg

12時過ぎに着いたので、13001430のチケットを購入。

時間が、有ったので清水観音堂や西郷隆盛の銅像などを十数年振りに観て回りました。

まだまだフェルメール展の人気は有り、入場時も並んで館内に入り音声ガイドの機材とイヤフォンを受付で受け取り作品解説を聞きながら観ることが出来ます。ナレーターは、石原さとみさんです。(なかなか、会場の雰囲気に声質が合ってました)

ヨハネス・フェルメールは、17世紀のオランダを代表する画家。彼がよく使っていた青が、フェルメールブルーと言われるほど有名ですよね。今回の展示では、10点ほどの作品が、日本に持ち込まれた様ですが、そのうちの9点を観る事が出来ました。

作品の細かな事は、コメントしませんがフェルメールの青色の使い方や構図には凄いとしか言えない感じでした。

フェルメールを含む、同じ17世紀の画家達の作品49点を観る事が出来ますので時間の有る方は、一度足を運んでみては、如何でしょうか。2月以降は、大阪でも展覧会を行わる様です。

フェルメール展(Johammes Vermeer)_b0312075_20312934.jpg


清水観音堂
フェルメール展(Johammes Vermeer)_b0312075_20314394.jpg
フェルメール展(Johammes Vermeer)_b0312075_20322765.jpg
フェルメール展(Johammes Vermeer)_b0312075_20331544.jpg
外国人観光客が、大勢!
フェルメール展(Johammes Vermeer)_b0312075_20335604.jpg
フェルメール展(Johammes Vermeer)_b0312075_20341167.jpg
フェルメール展(Johammes Vermeer)_b0312075_20300484.jpg
西郷どん









# by surfking921 | 2019-01-02 20:54
2018年 02月 04日

星野リゾート「界」


東武線の鬼怒川温泉から車で10分の場所にある星野リゾートが運営する和風温泉旅館「界」。

ここは、元東京電力の保養所が有った場所を星野リゾートが開発した施設です。

星野リゾート「界」_b0312075_01034327.jpg
星野リゾート「界」_b0312075_01151666.jpg
星野リゾート「界」_b0312075_01423066.jpg

駐車場横のエントランスからケーブルカーで高台に建つ施設に向かいます。

星野リゾート「界」_b0312075_01421802.jpg

星野リゾート「界」_b0312075_01050748.jpg


星野リゾート「界」_b0312075_01424166.jpg

中庭を囲むようにロビー・メインダイニング・宿泊棟・大浴場が配置された設計で、場所がら益子焼の食器や湯呑、マグカップ、外廊下の灯篭までも益子焼でした。

客室は、たたみ部屋でゆっくり寛げる内装でした。当然、食事は夜・朝ともに和食です。

お風呂は、これぞ温泉という泉質では有りませんが、温泉とのことでした。

星野リゾート「界」_b0312075_01054947.jpg
星野リゾート「界」_b0312075_01060021.jpg


流石に冬場は、気温が低い為いたるところが、凍っていました。次回は、紅葉の時期に訪れてみたです。


星野リゾート「界」_b0312075_01420526.jpg


偶然、SLとも遭遇しましたが、下今市駅から乗ることも出来るようです。



# by surfking921 | 2018-02-04 01:18 | Leica M(typ240)
2018年 02月 01日

MARTIN Style(似て非なるウクレレ)

写真の2本のウクレレは、老舗のMARTINマーチン Style-3Mハワイカウアイ島の

KamoaUkuleleです。

MARTIN  Style(似て非なるウクレレ)_b0312075_23085264.jpg

MARTIN  Style(似て非なるウクレレ)_b0312075_21530824.jpg
MARTIN  Style(似て非なるウクレレ)_b0312075_21532287.jpg
2本ともソプラノで、MARTINスタイル3 は、made in U.S.A100周年記念世界限定100本の希少なウクレレです。Kamoa Ukuleleは、made in chinaMARTINスタイル3のコピーモデルになります。当然ですが、2本は、似て非なるウクレレです。

MARTIN Ukulele

Style-3は、とても人気が有り、古いアンティーク物の程度の良いウクレレだと百万円近くするものも有ります。ボディは、マホガニー、指板は、エボニーです。かたやKamoa Ukuleleは、$699.99でボディは、スプルースとメイプルを使っていて

指板は、MARTINと同じエボニーを使っています。

MARTIN  Style(似て非なるウクレレ)_b0312075_21541799.jpg

ヘッドに菱形のマークが施され、フィンガーボードの中央に真っ白なラインがデザインされた Style-3 ウクレレ。このスタイリッシュなデザインは、多くのウクレレファンを今も魅了しています。


MARTIN  Style(似て非なるウクレレ)_b0312075_21534074.jpg
MARTIN  Style(似て非なるウクレレ)_b0312075_21535566.jpg


肝心の音色は、私の主観的な感想ですがMARTINの方は、まだ新しく音に深みがない感じなのですが、音量も大きく、艶やかさと甘さがあり弾き込んでいくといい音になると思います。KamoaUkuleleも音色は、MARTINとは、使われている木材が違うので全然違いますが、こちらも十分良い音を奏でます。

普段使いでは、私的にはKamoa Ukuleleを良く使っています。(笑)



# by surfking921 | 2018-02-01 12:51 | Break
2017年 12月 01日

茶室「紅松庵」

紅葉渓庭園復元を記念して、本市の名誉市民・故松下幸之助氏から寄贈されたもの。
茶室から見る庭園の眺めは四季を通じてすばらしい。
茶道の心得がなくても気軽に立礼室で抹茶を楽しむことができます。

茶室「紅松庵」_b0312075_22075905.jpg
茶室「紅松庵」_b0312075_22081177.jpg
茶室「紅松庵」_b0312075_22082272.jpg
茶室「紅松庵」_b0312075_22083890.jpg




# by surfking921 | 2017-12-01 14:07 | Leica M(typ240)