人気ブログランキング |

I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 15日

関東カメラ【レンズ・ローパスフィルター クリーニング講習会】

関東カメラ主催の「修理やさんの“レンズ・ローパスフィルター”クリーニング講習会」に参加してきました。

私を含め、7名の参加者がいて、クリーナー・クリーニングペーパー・ピンセット・ブロアー・ブラシ等が無料貸出いただけ、更に講習用レンズも有り、とても充実した会でした。

私は、購入してすでに2年近く経つ、Panasonic LUMIX GF5とフォクトレンダー COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PIIを持ち込みクリーニングしてきました。


b0312075_23190327.jpg
b0312075_23184814.jpg

講習会のプログラムは、

1.汚れの種類について
2.外観の汚れを落とす
3.ペーパーの巻き方
4.レンズの拭き方
5.ローパスフィルターの拭き方


参考までに伺った事を少しだけ書かせて頂くと

1.の汚れの種類は、6種(ゴミ・埃・水汚れ・油汚れ・カビ・クモリ)が有りますが、皆さんはどの様に汚れをとられていますか?

よく無水アルコールで掃除をする人(私もその一人です)がいますが、

無水アルコール系空気中の水分も取り込んでしまいます。
(業界用語で噛むと言うそうです。)

ベンジン系拭いた後、薄い膜が出来てしまうため完全に汚れはとれない。

フロン系渇きが早く、汚れを完全に落とすことが出来る。
拭き跡が残りにくい。

*ここで関東カメラさんが使われている(売られている)修理屋さんのレンズクリーナーを使用してみる。
確かにフロン系の使い勝手の良さを体感出来た。

3.のクリーニングペーパーですが、表裏が有るのをご存じですか?実は、有るそうです。

ザラついた面が裏になるそうです。確かに比べるとザラついた面とツルツルした面が有ります。
お持ちの方は、試してみて下さい。

あと、ピンセットにペーパーを巻いて、クリーニング剤を染み込ませてクリーニングしますが、なるべくペーパー触ら無い様に巻くそうです。

b0312075_23192332.jpg

もっと詳しく知りたい方は、是非参加されるとレンズからレンズフィルター、ローパスフィルターまで自分で綺麗に掃除が出来る様になります。

帰りに各自1本づつ用意され、講習会で使った「修理屋さんのレンズクリーナー」をお土産に頂きました。

早速、夜にでも他のレンズもクリーニングしたかったので、ピンセットとクリーニングペーパーを購入して帰宅。これから習った通りにレンズクリーニングをしてみます。

関東カメラさんに感謝、感謝です。




by surfking921 | 2014-03-15 23:29 | Break


<< ちょっと嬉しい出来事      梅(Leica M) >>