I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 15日

ライカMシャッター受け皿(プチ改造)

以前、ライカジャパンにM7を点検に出した際にシャッターの受け皿をシルバーに変えもらえるのか、相談したことがあるが、改造になるため出来ませんと言われ、関東カメラに問い合わせをしたこともあるが、やはりパーツとしての販売はしてないとのこと。

b0312075_20364054.jpg

新品をアラカルトでオーダーすれば、いろいろと出来るが、後からだと何も出来ないのが残念。

とはいえ、トップカバーのライカロゴエングレーブ(レーザー彫)有料サービスなどがあったりもするが、改造扱いとなる細かなパーツは、根気よくオークションなので探すしかない。

b0312075_20372177.jpg
b0312075_20375034.jpg
b0312075_20370391.jpg

先日偶然、M3用にワンオフでプロの業者に作らせたアルミ製の受け皿を手に入れることができ、自分で受け皿を外す際にキズをつける恐れがあるのと、M3M7のネジ径などわからないことも有るので、ルミエールのTさんに取り付けをお願いしにお邪魔しました。

ルミエールさんは、M7は扱わないとのことでしたが、無理を言って外してもらうことが出来ましたが、M7には、シャッター周りにスイッチが有りその分、受け皿のネジの長さがM3に比べると少し短い(浅い)ので、入手したアルミの受け皿を付けると巻き上げレバーが、ガタガタできっちりおさまらない状態でした。ちなみにネジ径は、同じでした。

b0312075_20380640.jpg

Tさんからのアドバイスで外した受け皿の高さをノギスで図りながら、アルミの受け皿のネジ部分のを削ってみては…と言われ、その差0.8mmを駄目もとで耐水ペーパーを使って、丁寧にむらが出ないように削り無事取り付けることが出来ました。

素材が、アルミだったので削るのもそんなに苦労せずに高さ調整が出来、満足!


[PR]

by surfking921 | 2016-05-15 20:42 | Leica M7


<< フォクトレンダーSuperWi...      Leitz Elmar 3.5... >>