I Love my Leica(デジタル、時々アナログ)

leicam240.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 04日

星野リゾート「界」


東武線の鬼怒川温泉から車で10分の場所にある星野リゾートが運営する和風温泉旅館「界」。

ここは、元東京電力の保養所が有った場所を星野リゾートが開発した施設です。

b0312075_01034327.jpg
b0312075_01151666.jpg
b0312075_01423066.jpg

駐車場横のエントランスからケーブルカーで高台に建つ施設に向かいます。

b0312075_01421802.jpg

b0312075_01050748.jpg


b0312075_01424166.jpg

中庭を囲むようにロビー・メインダイニング・宿泊棟・大浴場が配置された設計で、場所がら益子焼の食器や湯呑、マグカップ、外廊下の灯篭までも益子焼でした。

客室は、たたみ部屋でゆっくり寛げる内装でした。当然、食事は夜・朝ともに和食です。

お風呂は、これぞ温泉という泉質では有りませんが、温泉とのことでした。

b0312075_01054947.jpg
b0312075_01060021.jpg


流石に冬場は、気温が低い為いたるところが、凍っていました。次回は、紅葉の時期に訪れてみたです。


b0312075_01420526.jpg


偶然、SLとも遭遇しましたが、下今市駅から乗ることも出来るようです。


[PR]

# by surfking921 | 2018-02-04 01:18 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 01日

MARTIN Style(似て非なるウクレレ)

写真の2本のウクレレは、老舗のMARTINマーチン Style-3Mハワイカウアイ島の

KamoaUkuleleです。

b0312075_23085264.jpg

b0312075_21530824.jpg
b0312075_21532287.jpg
2本ともソプラノで、MARTINスタイル3 は、made in U.S.A100周年記念世界限定100本の希少なウクレレです。Kamoa Ukuleleは、made in chinaMARTINスタイル3のコピーモデルになります。当然ですが、2本は、似て非なるウクレレです。

MARTIN Ukulele

Style-3は、とても人気が有り、古いアンティーク物の程度の良いウクレレだと百万円近くするものも有ります。ボディは、マホガニー、指板は、エボニーです。かたやKamoa Ukuleleは、$699.99でボディは、スプルースとメイプルを使っていて

指板は、MARTINと同じエボニーを使っています。

b0312075_21541799.jpg

ヘッドに菱形のマークが施され、フィンガーボードの中央に真っ白なラインがデザインされた Style-3 ウクレレ。このスタイリッシュなデザインは、多くのウクレレファンを今も魅了しています。


b0312075_21534074.jpg
b0312075_21535566.jpg


肝心の音色は、私の主観的な感想ですがMARTINの方は、まだ新しく音に深みがない感じなのですが、音量も大きく、艶やかさと甘さがあり弾き込んでいくといい音になると思います。KamoaUkuleleも音色は、MARTINとは、使われている木材が違うので全然違いますが、こちらも十分良い音を奏でます。

普段使いでは、私的にはKamoa Ukuleleを良く使っています。(笑)


[PR]

# by surfking921 | 2018-02-01 12:51 | Break | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 01日

茶室「紅松庵」

紅葉渓庭園復元を記念して、本市の名誉市民・故松下幸之助氏から寄贈されたもの。
茶室から見る庭園の眺めは四季を通じてすばらしい。
茶道の心得がなくても気軽に立礼室で抹茶を楽しむことができます。

b0312075_22075905.jpg
b0312075_22081177.jpg
b0312075_22082272.jpg
b0312075_22083890.jpg



[PR]

# by surfking921 | 2017-12-01 14:07 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 30日

和歌山城

和歌山城は、天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城させたのが始まりで、その築城を担当したのが、
築城の名人藤堂高虎(とうどうたかとら)。
まず、秀長の城代として桑山重晴(くわやましげはる)が入り、慶長5年(1600)には、関ヶ原の戦いで功をたてた
浅野幸長(あさのよしなが)が入城。 
そして、元和5年(1619)には徳川家康の第10男・頼宣(よりのぶ)が入城し、紀州555千石の城となり、
以来、水戸・尾張と並び、徳川御三家のひとつとして、長い歴史を刻んできた城です。

b0312075_21572341.jpg
b0312075_21575791.jpg
b0312075_21585719.jpg
b0312075_21592950.jpg
b0312075_22000225.jpg

手まりをモチーフにした照明


[PR]

# by surfking921 | 2017-11-30 17:45 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 13日

和歌山 ポルトヨーロッパ

人工島に建設された和歌山マリーナシティ内にあるポルトヨーロッパ。
ポルトヨーロッパは、ヨーロッパの街並を本格的に再現した建築物と遊園地ゾーンから出来ているテーマパークです。

遊園地の定番アトラクションの他、バーベQコーナーやしらす丼なども食べられる黒潮市場も有りました。

b0312075_21393869.jpg
b0312075_21395378.jpg
b0312075_21400890.jpg
b0312075_21402254.jpg
b0312075_21405426.jpg


[PR]

# by surfking921 | 2017-11-13 09:49 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(2)
2017年 11月 09日

和歌山 淡嶋神社

2万を超える人形が納められ、髪の毛が伸びる人形でも有名な「お菊人形」が有り、テレビ でも取材される有名な和歌山の淡嶋神社。

b0312075_22225863.jpg
b0312075_22231744.jpg
b0312075_22233075.jpg


[PR]

# by surfking921 | 2017-11-09 22:10 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 09日

和歌山 四国を望む夕景

国民休暇村からの夕景。右端に淡路島、その奥に四国徳島をのぞむ風景は、絶景でした。

b0312075_00244001.jpg
夕焼けの上のゴミの様なニョロニョロは、飛行機雲です。


[PR]

# by surfking921 | 2017-11-09 10:13 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 08日

和歌山 七曲市場

年末は、大勢の買い物客で賑わう市場だそうです。

市場の中には、生魚・精肉・青果・かしわ・食料品店や花屋さんも有るようですが、訪れた日は、平日の午後とあって閉まっているお店が多く、バーベーQ用精肉を買いに来ましたが、お店閉まってました(汗)

ちょっとだけローカル気分が、味わえる市場です!!

b0312075_22130419.jpg
b0312075_22131783.jpg
b0312075_22134891.jpg
b0312075_00070911.jpg
b0312075_00120633.jpg





[PR]

# by surfking921 | 2017-11-08 16:10 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 07日

和歌山 磯ノ浦海岸

11月上旬の3連休に和歌山県に住む知り合いのご夫婦宅に3日間お邪魔して和歌山を満喫させていただきました。

加太線の磯ノ浦駅1分に位置する磯ノ浦海岸。夏場は、海水浴客で賑わう海岸だそうです。

私は、サーフィン目的で3日間波を待ちましたが期待する波は来ませんでしたが、11月というのに夏の陽ざしと綺麗な砂浜が素敵な浜辺でした。

b0312075_21304408.jpg
b0312075_22262122.jpg
b0312075_21302807.jpg
b0312075_21305854.jpg




[PR]

# by surfking921 | 2017-11-07 21:51 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 01日

Glamping(グランピング)②

流石だなぁ~と思ったのが、我々ゲストが利用するエリア内に時計とTVが(すべての部屋・各施設)ないこと。
お分かりの通り、大自然の中で本格的なアウトドア体験を時間や外から情報から解放させて非日常をつくりだすための工夫なんだと思います。寝泊りは、ホテルと同等以上のサービスが提供されますので、テントでの寝泊りではないのでお風呂や虫などの心配は、一切なく超快適です。
宿泊棟のすべての部屋のテラスから富士山を写真のようにみられるロケーションに建てられていること。
テラスに夜になるとキャンプファイヤー風な炎がともされ、月に照らされた富士山、河口湖を観ながらくつろげる演出も
気がきいていてとてもよかったです。
朝食は、ダイニングでも部屋でもリクエストに応じてくれますが、クラウドテラスエリアで自分でお好みのパンと具材をサンドしてグリルして食べるコースを選択しました。ライブラリーカフェのおもてで、挽きたてのコーヒーのドリップサービスもあり(当然teaもあります)、自然の中での朝食は、空気もきれいなせいか、とても美味しかったです。サンドの写真撮るの忘れてました。(汗)

b0312075_22071636.jpg
b0312075_22073181.jpg

フロント/ダイニング 
ここでも夕・朝食が食べられますが、普通ですね。

b0312075_22080037.jpg
b0312075_22081548.jpg

スタッフが、コーヒーを入れる準備をしてくれている風景

b0312075_22052350.jpg
ライブラリーカフェ
b0312075_22042740.jpg

ライブラリーカフェの好きな本を持って、おもてのハンモックに寝そべって読んだり、コーヒーや紅茶を飲みながらテーブルや暖炉のソファーでものんびり読書ができます。雨の日も雨音を聞きながらの読書も非日常な感じで良いかも。



外国人もかなり多く、アクテイビティを通して仲良くなったりと
今回初Glampingでしたが、かなり新鮮な体験で大人のちょっと贅沢な休日みたいな感じでした。





[PR]

# by surfking921 | 2017-06-01 01:33 | Leica M(typ240) | Trackback | Comments(2)